【高山】日本3大朝市の宮川朝市へ行ってきた!事前情報・レポートまとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

江戸時代から続く宮川朝市へいってきました!!高山観光と検索すれば朝市と出てくるのではないでしょうか??明治時代を期に現在のように野菜などが売買されるようになり、以降時を経て時代が移り変わっても人気を保っています。

そんな宮川朝市についての事前情報や散策レポートをお届けします!!

宮川朝市についての事前情報

朝市ってどんなとこ??

江戸時代が朝市の起源で、明治時代に野菜などが売られはじめ現在の形が出来上がったそうです。立ち並ぶ露店に野菜や果物をはじめに民芸品が立ち並んでいます。また、宮川と反対方面に立ち並ぶお土産物屋さんやお食事処も堪能できます。

朝市に行く前に注意してほしいこと

私が実際に宮川朝市に行って感じたことをありのままにお伝えします!!

早起きして行くこと

正午までやっていますが、9時から10時くらいが朝市のピークです。つまり、人気の品物は早く売り切れ、正午前に店じまいしてしまうところもあります。できるだけ早起きしていくことをオススメします!!
ちなみに私は寝坊して10時半くらいに行きましたが、売り切れの商品が多々ありました( ;∀;)

お店の人にいろいろ聞いてみること

美味しい野菜の見分け方や食べ方など気になったことは聞くとだいたい教えてくれます。スーパーでお買い物する感覚で行くと、ちょっと損するかも!!

高山の朝市は2か所ある!!

朝市が開催される場所は宮川沿いと陣屋前広場です。グーグルマップで検索すると宮川の方は「宮川朝市」、陣屋前広場は「陣屋前朝市」となっています。それぞれ場所が違うので注意!!距離にして約500メートル離れています。
※私が訪れた時は、宮川朝市の方が正午近くになっても賑わっていました!!

宮川朝市を散策ポート

まず出迎えてくれる朝市の案内、奥でに賑わう様子をただ見守り続けてきたのであろう….

飛騨の伝統工芸品「さるぼぼ」に出会う

すべて手作りというから驚き!!ざっと見ただけで数百個はありますね!!
一言でさるぼぼといってもコップに入っているものや気にしがみついてるもの、様々な種類がありました!!
(詳しくはこちら

朝市牛乳「白の命」を頂く

「白の命??言い過ぎやろ」と思いつつも購入してしまうのがこの牛乳(笑)
実際飲んでみるとすごく濃厚でおいしいです!白の命目当てに行列の意味が分かりました

やっぱり新鮮野菜が立ち並ぶ朝市

おおきく新鮮なわりに安い!!というのが率直な感想ですね!!購入されるのは地元の方が多いのではないでしょうか??観光の際はちょっと荷物になっちゃいますからね。公式サイトを見ていると観光客が持ち帰れるように、小分けにきれいに包装してくれるお店もあるみたいですね。

ゴトいっちゃう!?巣箱が買えるはちみつ屋さん

なんと巣箱が売ってあります!!8000円!!
この写真のようになるらしいです。こればかりは買ってみないと分かりませんね(笑)
尋ねてみたところ「たまに売れるよ」とおっしゃっていました。

55gで1000円という衝撃プライス!!日本ミツバチって希少な生き物なのだと知りました。

朝市散策につかれたら高山コーヒーもオススメ

なんと失態!!飲む気満々だったのに買い損ねた(笑)
後々調べると、朝市でコーヒー飲んだ!!みたいなのを結構目にして後悔しています。

歩き疲れて宮川沿いへ降りてみる

清流にはたくさんの魚が!!鯉かな??
少し休憩したいときにちょっと癒されてみませんか??

川辺を散歩できますよ!!

宮川朝市の詳細情報

開催時期

年中無休

 

開催時間

(4月~10月 07:00~正午)

(11月~3月 08:00~正午)

何が売ってるの? 例)地元の野菜や漬物・果物・民芸品・その他グルメ(コロッケや串焼きなど)
備考  付近の駐車場情報はこちら       / 朝市行くなら早起きするのがオススメ!!
アクセス

(高山駅より徒歩約10分)

 

The following two tabs change content below.
馬鹿ボンド

馬鹿ボンド

管理人の馬鹿ボンドです!!旅情報やブログ運営、気になったこと、その他なんでもお届けしていきたいと思います。野球が好きです。 学生→社畜→フリーター→社畜

コメントを残す

*