【高山】飛騨の森に水族館!?匠の館と併設の森の水族館に行ってみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

奥飛温泉郷から高山市街地への帰り道、国道158号線沿いに「匠の館・森の水族館入り口」という看板を発見しました!!

その後の予定が詰まっていて、全然時間がなかったのですが「え??こんな山道に水族館??」という疑問を解消するには行くしかねーと思い突撃しました!!

そこには高山伝統を学べる民芸館と川魚を見て触れる体験ができる正に森の水族館でした!!

当時、あまりにも天気が悪く僕一人しか客がいなかったので管内の説明等めちゃくちゃ神対応してもらいました!!ありがとうございます!!

行く前に知ってほしい事前情報


・高山駅から車で30分程度(約14キロ)
・奥飛騨温泉郷に行く道中にある
・国道158号沿いを走り、脇道に入ると施設があります(158号線に案内看板があります)
・僕が訪れた時はJAF会員割引してくれました

「匠の館・森の水族館」ってどんなとこ??


ざっと画像で説明するとこんなとこです。

民芸ミュージアム匠の館は、飛騨を代表する伝統農家家屋として平成19年に高山市の文化財と指定され、飛騨の匠の資料をはじめ、昭和30年代の高山駅沿線を再現したジオラマや、企画展示のギャラリー、淡水魚を集めた水族館など飛騨の自然と文化がここに凝縮されています。(※HPより引用)

僕なりにザックリと説明すると、昭和のどこか懐かしい雰囲気を感じさせてくれるそんな場所です。この時代に生まれてもなかったので「何言うてんねんって感じですが(笑)」

現在も住居として利用されているらしいですね!!

文字だけで説明するより見ていただいた方が良いと思うので「匠の館」と「森の水族館」のそれぞれの体験レポートは以下をご覧ください!

匠の館のレポート


以下は体験レポートとして「こんなもの見れるよ!」「あんなことできるよ!」を画像を交えてご紹介します。

匠の館潜入レポート


館内入り口付近には馬がいます!!写真は馬にびっくりされても困るので撮っていませんが、画像にもあるように餌やり体験ができますよ!


管内にある囲炉裏もいい感じ。また、現役の囲炉裏として活用されているらしいです!


民芸館1階の様子はざっとこんな様子
見てほしい大黒柱とか梁の様子を撮影し忘れる痛恨のミス(笑)

現代型の家屋(マンションやアパート、その他現代風の建物)に住んでいると、大黒柱とか梁って言われてもピンと来ないですよね。なのでぜひ見てもらいたいのにやっちまったぜ(;´・ω・)

気を取り直して2階へ行きましょう!!

階段の途中、出ておいでと言うまでもなくこいつが!!!
相変わらず可愛いですな!!見えるってことは僕はまだ純粋な子供で画像をみて見えない人は心が荒んでますよ(笑)


ジオラマも見せてもらいましたよー


昭和の高山を再現したデザインだそうですね!!全国に一か所くらいこういう町が残っていてもと思いますが(笑)

なんともそーいう気分にさせてくれますね(^^)/

2階ではかつて蚕を飼育する部屋だったそうですね!!

森の水族館のレポート


広い庭の一番奥に見える屋根、この中に入ってみると

水族館だ!!!てか、高山にマジで水族館があった!!というのが正直な印象です。

入り口付近にわが手の角質に群がる魚が!!そう、おなじみドクターフィッシュですねー
そんなにおいしいですか僕の手、そしてそんなに汚れていますか(笑)


チョウザメにも触れられるよー!!躍動感出してみました(ブレただけwww)
見た目でかくてサメって名前にビビりますが、なぜか指をくわえてくるかわいらしい魚ですね


イトウの捕食シーンを見せてもらいましたが、これまでに紹介した画像にもあるように指を入れるなの意味がわかった(笑)マジで指無くなるな(-_-;)獰猛さを野球選手で例えるとガルベスくらい(笑)←わかる人はわかるハズ( ̄ー ̄)

てか、イトウの大群の威圧感がハンパない!!

イワナちゃんもいるよ!!1匹死んでいたとはいえイトウさんの餌にしちゃってごめんね(;´・ω・)

アマゴもいるぜー(^^)/もとは同じ個体でも川に残るか海に出るかで命名が変わるそうですね!人間もそうしたら??上京したらサクラ人間とかに(笑)


これで水くみ体験もできるそうですね!!興味のある方はぜひ!!

匠の館森の水族館の詳細情報

営業時間 08:00~17:00

定休日

年中無休(冬季臨時休業の可能性あり)
料金 おとな500円 こども400円(20人以上で団体割)
AS 0577-79-2220
備考・HP 駐車場完備・www.norikura.com
アクセス

(高山駅より車で約30分)

 

The following two tabs change content below.
馬鹿ボンド

馬鹿ボンド

管理人の馬鹿ボンドです!!旅情報やブログ運営、気になったこと、その他なんでもお届けしていきたいと思います。野球が好きです。 学生→社畜→フリーター→社畜

コメントを残す

*